霊園の土地不足と新しい埋葬法

都市部の霊園は、過疎・過密化によって改葬先に選ばれやすいこともあり、深刻な土地不足の問題を抱えています。
交通アクセスが便利だったり、管理が行き届いていて良い環境がある人気の霊園はすでに満杯の状態です。
しかも、高齢化が進んで、これからますます霊園の土地の需要が高まることが予想されるのにもかかわらずです。
公営墓地の募集のチャンスは数少なく、都会で広く良い墓地を探すのは、相当な努力や運が強いられるのです。
谷中、青山といった知名度の高い霊園は、すでに10倍を超える倍率になっています。
これから新しく霊園を開発するのも難しい状況の中、解決策として埋葬の多様化が求められています。
たとえば、その代表例が納骨堂での埋骨です。htrhrshtrs

土地や墓石にかかっていた費用と比べるとかなり安く抑えられるし、近年人気は上昇しています。
お墓の管理や世話をするのが、後代には期待でき無さそうな人からも注目度は高いです。
納骨堂は無機質なイメージがありますし、お墓参りやお供え物といった用はいらなくなりますが、そこが許せるかどうかですね。
新しくできたばかりの納骨堂には、近代的な設備にて、省スペースで大量の納骨が可能になっているところもあります。
もっと自然な埋葬がしたいのなら、樹林墓地での合葬も検討してみましょう。
血縁の無い他人と共同で埋葬しても構わないのならば、今のうちから合葬のメンバーを探して、顔を合わせて親睦を深めておくといいでしょう。
htsre
入っている宗教や無宗教の人が、宗教に関して厳しい条件なしで霊園を探したいのなら、公営の墓地がおすすめです。
公営の霊園には、宗教に関して完全に自由なだけではなく、利用料金も他と比べると結構低料金というメリットがあるんです。
管理もきちんとしていて、閉園のリスクが無いという安心感も売りになっています。
ただ、公営墓地は都市部に近くなるほど競争率も激しいのがデメリットです。
また、宗教以外では何かと制限があるので、それも受け入れられるかどうかです。
宗教以外で、そもそも利用する条件を満たしているかがまず問題になってきます。
その霊園を管理している市町村の住民として、特定の期間以上生活していなければNGということもあります。
墓石のデザインに関しても制限があるので、完全に自分の自由というわけにはいかないのがネックですね。
さらに自由度を求めるのなら、民間の運営している霊園が望ましいかもしれません。その方がより広い霊園を検索・比較できます
区画の面積や墓石の細かい要望にも応じることができるので、こだわりのお墓を建てたい人におすすめです。
民間墓地の中には、特定の宗教でなければ入れないところもあったりしますが、その点さえ気を付けていればやさしい条件で入れる霊園も見つけられるはずです。
ただ、ちゃんとした業者を選ばなければ、管理が不行き届きだったり、将来閉園のリスクが高くなる可能性も出てきます。
民間墓地の選択は、かなり慎重になって検討したほうがいいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

what's new